久野陶園

絞り込み
      0 商品

      0 商品

      このコレクションには商品がありません。



      笠間焼 久野陶園

      江戸の昔から十四代、笠間焼創始の窯元

      江戸時代の安永年間(1772~1780)から製陶業をはじめた当園は、初代半右衛門道延から十四代慶子に至る現在まで、たくさんの職人や商人、地域社会とともに成長してきました。

      つくるものは、甕や擂り鉢から徳利、湯たんぽといった生活雑器が長く続きました。この技術の積み重ねは、現在つくられる飲食器の使いやすさに活かされています。

      笠間焼につかわれる粘土は、機械生産には合わず人の手による細工に向きますので、おのずと少量生産になってしまいます。逆に言えば「ていねいに一品一品つくることができる」という強みだと言ってもよいでしょう。

      二百四十年間続いた歴史とともに、久野陶園がていねいにつくった陶器をお届けいたします。